FANDOM


Character Gallery en-Gallery 関係

Dora

(スペイン語で)"ダダダダダダ…" - Dora

この記事は翻訳途中の内容が含まれています。どなたでも翻訳に協力することができます。
この記事はen:Evil Leafyから翻訳中です。

Evil Leafy(意訳:エビルリーフィー)とは、MrOrange890氏のうちの子キャラクターで、かつRC30の内の1体である。女子。らしい。

これまでの活躍

BFDI

The Revealにおいて、エンディング付近の途中参加オーディエンスで初登場を果たした。彼女のPRは、「暗闇からバーンと音を鳴らしてテレポートで出現する」ことだった。Reveal Novumでは34票を獲得したことがAnnouncerによって発表されて30体中、4位となって敗者ロッカー送りとなった。しかし、Announcerが「第18回のコンテストはにらめっこ[1]です」(原文:The 18th contest is a staring contest.)と発表した際、"Staring Contest"という字幕と共に再び登場した。Return of the Hang GliderLeafyがエビルリーフィーに変わろうとしていたところ、止められた。

BFDIA

Yeah, Who? I Wanna Knowにて、本戦出場をかけた投票の結果、90票により全参加者の内48位となり、予選落ちとなり、LOLに送られた。

送られたはずだった。

Get DiggingBookIce CubeSpongyPuffballに乗って上空を移動していた最中、GelatinEvil Forestに落とされた。目が覚めるとなんと突然Evil Leafyが無言で、そして一切の表情の変化をさせずに三人の目の前にテレポートで現れ、そして何も喋らずに三人をテレポートで追いかけるのだった。Spongyが追いつかれ、Evil Leafyは彼の体内に入り込んだ。

Inosectphobe's Nightmare 3にて、夜、意識を取り戻したSpongyが口からEvil Leafyを吐き出した。そしてGelatinに凍らせられ、背中に「First!」と木の枝で落書きされた。

Zeeky Boogy Doogで、夜、Gelatinに凍らされたFlowerを見つけたのか、Flowerの頭の上にテレポートして、体内に入り込んだ。

No More Snow!にて、BFDIA 5Bでなんとか変な場所から脱出できたLogoFS一同がEvil Leafyの頭の上にちっちゃく乗っていることが確認できる。なんやかんやあってBookRubyの活躍により、9042キログラムのおもりに押しつぶされた[2]

IDFB

Tennis BallGolf Ballが古めかしい科学博物館で会話をしていると、背後にほんの一瞬だけ見えることが確認できる。それにしても、一体そこで何がやりたかったのだろうか。そして何で生きているんだろうか。謎は深まるばかりである。

BFB

Nonexistyと共に、ゲームプレイヤーとしては参加していないが、Four Goes Too Farでうちの子キャラクターとしてBFBでの初登場を果たした。

能力

テレポート
短い距離を連続的にテレポートすることで彼女から逃げる者を追いかけることができる。余談だが、彼女はテレポートで動いたことしかない。
憑依
BFDIAでFlowerSpongyの体を乗っ取ったり体から出てくるシーンが描写されている。
大口
Get in the Vanフリスマワゴン名無しチームのメンバーを一度にして食べる描写がある。

その他

  • BFBの時点にて、RC30の中で、参加者経験がないのはNonexistyとこのキャラクターだけである。
    • ただしEvil Leafyは、BFBにてRecommended Characterとして登場した経験がある。

脚注

  1. アメリカのにらめっこは『互いに見つめ合い、まばたきをした人が負け』というルール。作中でもそのようなルールで行われた。
  2. Evil Leafyの後を追いかけていたPuffballFriesも巻き添えになった。